料理 コンセプト

7年半のイタリア修業時代でもっとも多くを学んだ師、ダル・ぺスカトーレのシェフ、ナディア・サンティーニの教えを基本としています。

それは洗練されたマンマの料理で、何よりも新鮮な食材を新鮮なうちにお客様に提供するということです。
煮込み料理でもサラダにおいても、お客様のテーブルにお持ちした瞬間に一番輝くように、を目指します。
現代まで受け継がれた伝統料理は、奥深い力強さがあるからこそどの時代にも受け入れられ、バランスよく栄養価もあり、それによって人々の身体づくりを支えてきました。

  • より良い食材を常に探し、使い、新鮮なうちに使い切る
  • 伝統料理の基本を踏まえ、現代ならではの洗練された味覚への進化
  • 食材のどの美味しさを引き出すかを見極める為、シンプルだが繊細な調理方法とその過程一つ一つを大切にし、常に進化させる

一つ一つの料理工程を、研ぎ澄ませた感性をもとにさらに分割化し、あるいは追及して本質を見極めたうえで、進化をし続けるためにはさらなる研究を続けなければなりません。

またお客様に提供する料理は複雑に入り組んだ手法で調理していますが、その料理はお客様にとってはシンプルに美味しいと感じて頂ける料理であるべきだと思っています。

Copyright(c) 2011 RestaurantLasse All Rights Reserved.